ブログnew!!

筋膜系の新書!

ご予約希望される方は

こちら↓(完全予約制)

 

 予約・お問合せ

 メール

 

申し訳ありませんが、

お電話での予約はしておりません。

転んだ後の後遺症

前回、転んだ時の衝撃と外傷の見解についてちょっとだけ書きました。

 

筋の外傷については、多くが「打撲」に含まれてしまうと感じます。

 

ですから、ぶつかった場所の患部になります。

 

しかし、転んだときにその衝撃(200㎏)を反射的に受け止めるわけですから筋が急に200㎏のバーベルを持ち上げたような筋へのダメージが残るはずではないしでしょうか?

 

たとえ「どこも折れてない」と言われたとしても

骨以外の関節(靭帯)・筋肉などにもダメージがあるわけです。

 

関節は「可動域」という動く範囲がありますから

その範囲を超えてしまった場合は、組織に損傷が発生するでしょう。

 

しかし、すっかり忘れられた存在が「筋肉」です。

打ち身以外にも、瞬間的に200キロの衝撃に耐えているわけですから

微細な外傷(肉離れなど)が起こると想像出来ます。


普段、身体動かす機会が少ない人は

よりその衝撃のダメージが大きく出るはずです。

それだけの衝撃に耐えるだけの、筋力をもともと持っていませんから。


より、筋損傷がひどくなりえます。

 

転んだ後に、後遺症として長らく引かない痛みは

ほとんどが「筋肉」が原因です。

急激な力がかかった後のダメージです。


そのような場所は、忘れた頃に

「筋硬結(きんこうけつ)」という筋が硬く結んだような状態に

変化します。

当然、硬いので組織に酸素が行きにくい場所になってしまいます。

 

1ヶ月もすれば骨折は治ります。

1ヶ月以上経過しても痛みがある場合は「骨」以外の部分に目を向けて

治療をしなければいけません。