ブログnew!!

筋膜系の新書!

ご予約希望される方は

こちら↓(完全予約制)

 

 予約・お問合せ

 メール

 

申し訳ありませんが、

お電話での予約はしておりません。

誰もが例外なく、年とともに硬くなる!

 

体の表面をほとんどを覆っている筋肉は

繋がりをもったコラーゲン性のゴム(筋膜)です。

それらは皮膚の下をウエットスーツ状に繋がりをもっています。

 

コラーゲンは体の中でも安定したタンパク質です。

しかも代謝回転がゆっくりで、一度硬くなってしまった

ところは変化しません。

 

ほとんどの方が、20代を境にどんどん硬いくなっていきます。

若い時から習慣的にストレッチしたり、

ヨガをしたりしている人が年を重ねても体が柔らかいのは

習慣的に組織を伸ばしたりしているからに他なりません。

 

年を重ねて、全くケアをしていない体は

あちこちに

筋膜の短縮と筋硬結があります。

それがちょっとした切っ掛けで痛みだすわけです。

 

長年の積み重ねでそうなった身体ですから

短期的には体は変えられません。

これは自然の摂理です。

 

歳を重ねれば、自然と硬くなりますし、

使わなければ(体を大きく動かさないと)

ゴム(筋膜)の伸びる範囲が小さくなります。

 

そして縮んだゴム(筋膜)は、

硬さを増していき血流不全を起こします。

 

 

では、筋膜についてもっと詳しく