ブログnew!!

筋膜を柔らかくするには?

ご予約希望される方は

 

 予約・お問合せ

 メール

 

お電話での予約はしておりません。

なぜ、腰痛の原因が分からないのか?

 

日本人の腰痛人口は推定1000万人と言われています。

10人に1人が腰痛ということになります。

(厚生労働省「国民生活基礎調査」1998年)

 

そのうち、85%の腰痛は原因が分からないものと

言われています。

 

医療がここまで発達しているにも関わらず、

世間では、未だに原因さえも分かっていない腰痛。

 

なぜでしょうか?

 

私が考えるに

原因の1つは、診断方法にあると思います。

そのほとんどが画像診断だからです。

 

私は、腰痛のほとんどが

筋・筋膜由来の痛みと判断していますが・・

※もちろん、変形・変性・ヘルニアなどもあるで

しょうけど割合は少ないと思います。(多くても2割)

 

レントゲンはもちろん筋・筋膜の状態を把握できません

 

 

レントゲンやMRIなどの

画像に映らないものに原因があるのではないかと思います。

 

 

医学用語で筋肉由来の痛みを

「筋・筋膜痛症候群」(きん・きんまくつうしょうこうぐん)と言います。

 

名前もあって、お医者さんも筋肉が痛みや凝りの原因だと知っている。

 

痛みを出すような筋肉を

「筋硬結」「筋膜の短縮」「トリガーポイント」などと名前がついています。

 

しかし、

多くの整形外科などで、画像診断されている以上

筋肉は診断の対象になることが少なく

医学的な視点で、筋(筋膜)が軽視されているという現状があると考えます。

 

診断において、筋・筋膜が見逃されているのではないでしょうか?