ブログnew!!

筋膜系の新書!

ご予約希望される方は

こちら↓(完全予約制)

 

 予約・お問合せ

 メール

 

申し訳ありませんが、

お電話での予約はしておりません。

2018年

6月

07日

筋膜系の新書!

 

最近は筋膜の書籍が沢山出されるようになり、本当に嬉しい限りである。

 

何か調べようにも 昔はほとんどなかった。

 

細かい筋膜の解剖学の本まで出版されており驚きである。

 

 

ただ、解剖がわかったところで、どうアプローチをしたら緩んでくれるのかは別の問題だけれども。

 

2018年

4月

26日

便利になって奪われたこと

ベストセラーである

「置かれた場所で咲きなさい」の著者の渡辺和子先生

(ノートルダム清心学園理事長)はこう言われます。

 

『文明の利器は、たしかに「便利」「安楽」「スピード」をもたらしましたが、その反面「待つこと」「耐えること」「静かに考えること」といった習性を奪ってしまったかのように思えます。』

 

本当に「待つこと」「耐えること」「自分で考えること」をしなくなったと思う。

自分自身にも当てはまる。そういうことを忘れずに上手に生きていけたらいいのかもしれない。

 

医師であり冒険家である関野吉晴氏を思い出した。

この方も大切なことを教えてくれる一人だ。

http://jomon-pakur.info/production.html

最近はカレーライスを一からつくり9ヶ月かかったらしい。

 

 

0 コメント

2015年

6月

04日

筋膜を柔らかくするには?

強くて柔らかい筋肉をつくるには、筋細胞の周りにある細胞外マトリックスの組成を変えなけ

ればならない。それには運動による刺激を与えて組織を壊し、つくり替える「クラッシュアンドビルド」が必要になるという。

実践女子大学大学院の山田茂教授より

 

はやり硬くなるのは、運動で伸び縮みさせてないからですね!

コラムへ戻る


2015年

3月

02日

ヘルニアの診断











ストレスと腰痛の関係を示す研究例。

スイスのグレープが腰痛で手術が必要な46人と無症状な46人が画像診断。痛みがない人にも椎間板ヘルニアや変形があり、仕事などに不満が多い人に痛みが強かった。


無症状の人にヘルニアがある状況(76%)に対して、未だにレントゲンや MRIなどの画像診断でヘルニアを診断している状況が続いて気がします。



2014年

12月

25日

転んだ後の後遺症

前回、転んだ時の衝撃と外傷の見解についてちょっとだけ書きました。

 

筋の外傷については、多くが「打撲」に含まれてしまうと感じます。

 

ですから、ぶつかった場所の患部になります。

 

しかし、転んだときにその衝撃(200㎏)を反射的に受け止めるわけですから筋が急に200㎏のバーベルを持ち上げたような筋へのダメージが残るはずではないしでしょうか?

 

たとえ「どこも折れてない」と言われたとしても

骨以外の関節(靭帯)・筋肉などにもダメージがあるわけです。

 

関節は「可動域」という動く範囲がありますから

その範囲を超えてしまった場合は、組織に損傷が発生するでしょう。

 

しかし、すっかり忘れられた存在が「筋肉」です。

打ち身以外にも、瞬間的に200キロの衝撃に耐えているわけですから

微細な外傷(肉離れなど)が起こると想像出来ます。


普段、身体動かす機会が少ない人は

よりその衝撃のダメージが大きく出るはずです。

それだけの衝撃に耐えるだけの、筋力をもともと持っていませんから。


より、筋損傷がひどくなりえます。

 

転んだ後に、後遺症として長らく引かない痛みは

ほとんどが「筋肉」が原因です。

急激な力がかかった後のダメージです。


そのような場所は、忘れた頃に

「筋硬結(きんこうけつ)」という筋が硬く結んだような状態に

変化します。

当然、硬いので組織に酸素が行きにくい場所になってしまいます。

 

1ヶ月もすれば骨折は治ります。

1ヶ月以上経過しても痛みがある場合は「骨」以外の部分に目を向けて

治療をしなければいけません。

2014年

12月

20日

筋細胞が柔らかくなるのではなく筋膜が柔らかくなる。

そもそも筋肉とは繊維状の筋細胞、「筋繊維」が束になった組織。

さらにこの筋繊維はコラーゲン、グリカンなどの生体成分からなる

「細胞外マトリックス」と呼ばれる結合・融合組織に包まれている。


体を動かすと筋細胞で発生した力がマトリックスに伝わり、

さらに腱(けん)に力が伝達され、関節を介して運動ができる仕組みだ。


「筋肉が柔らかい、硬いというのは筋細胞自体の硬さが変化するのでは

なく、細胞外マトリックスの成分が変化するということです」

と実践女子大学大学院の山田茂教授は説明する。


皆さん、知ってましたか?


2014/2/5 6:30 日本経済新聞 電子版 ダイエットいつも挫折なら…ストレッチがおすすめ
日本経済新聞 印刷画面.pdf
PDFファイル 666.0 KB

2014年

11月

28日

ダライラマの言葉

私たちの家族は小さくなったが、

私たちの住む家は大きくなった。

 

私たちの暮らしはもっと便利になったが、

時間は減った。

 

私たちの資格は増えたが、良識は減った。

 

私たちの知識は増えたが、判断力は減った。

 

私たちの医学は発達したが、健康は損なわれている。

 

人類は月まで行って帰ってきたが、新しい隣人に会うために

道路を横切るのも難しくなった。

 

私たちはより多くの情報を得るためにコンピューターを

つくったが、今までになかったほどにコピーは増えてお互いのコミュニケーションは減った。

 

私たちは量を豊かにしたが、質を乏しくした。

 

私たちはファストフードの時代を迎えたが、

消化はスローになった。

 

人間の背は伸びたが、個性は縮んだ。

 

私たちの利益は途方もなく深くなったが、

関係性は浅くなった。

 

実際にはたくさんの飾り物が置かれているが、部屋の中は空っぽといったような時代である。

(ダライラマ14世より)

 

*******************************************


何かを得る代わりに何かを失う。

これから、私たちは何が一番大切なのかを

決めていかないとけない。

 
 

2014年

11月

07日

カイロプラクティック登録機構について

カイロプラクティック登録機構では、カイロプラクターの登録者名簿を一般公開し、その名簿を厚生労働省 や関係省庁へ提出することで安全なカイロプラクターを選ぶ基準を示すことを目的としています。

 

日本カイロプラクティック登録機構(JCR:Japan Chiropractic Register)は、日本カイロプラクターズ 協会(JAC)の協力のもと2008年に設立されたカイロ プラクターを登録する独立組織です。


登録対象者はWHO(世界保健機関)ガイドライン※ に準拠した教育プログラムを修了しJCR登録試験に合格した者です。 

 

カイロプラクター検索

2014年

11月

04日

カイロプラクティックの海外の状況

アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、スイスなど法制化された国々では、CCE(カイロプラクティック教育審議会)認可の大学を卒 業した後、国家試験(州試験)に合格して登録機関へ届け出ることで、カイロプラクター免許を取得します。


免許では、プライマリーケアの医療従事者としてカイロプラクティック施術以外にもレ ントゲン撮影を含む診断権が認められています。 

2014年

11月

03日

カイロプラクティックの日本の現状

カイロプラクティックは、1960年に「医業類似行為において有害の恐れがない場合は禁止処罰の対象とはならない」とする最高裁判決により、教育の有無にかかわらず誰もが自由にカイロプラクティック業を行っています。


旧厚生省は 、1991年に「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研究 」(通称:三浦レポート)を公表し、医学的根拠に乏しいと結論づけました。


なお厚生労働省職業安定局はカイロプラクターを職業として認知しています。


2012年に独立行政法人国民生活センター は「手技による医業類似行為の危害」を報告し、被害相談の件数が増えていることを指摘しました。

 

日本カイロプラクティック 登録機構(® JCR) より


次にカイロプラクティックの海外の状況です。

 

2014年

9月

21日

大切なこと


痛み・違和感などの症状は、

単に身体が痛んでいるというだけでなく・・・

あなたへの知らせ(メッセージ)であると私は思います。

 

ですから、あなたがこの事実をどのように捉えるかだと思います。

確かに、その場所が悪くなっているのは事実ですが、

痛みは悪い場所を教えてくれる警告(アラーム)であって

痛みが悪い訳ではないです。

 

「なんでここがいつまでも痛いんだー」

「なんで私(俺)の体はこうなんだー」

このように「痛み=悪」のイメージがありますね。。

 

しかし、

このようになるまで

今までのどんな生き方をしてきたのでしょうか?

体が悪くなったことを人のせいにしていませんか?

 

これまでの人生を振り返る機会になるのではないでしょうか?

 

・今まで自分の身体をないがしろにしてこなかったか?

・私は身体の声をちゃんと聞いてきたか?

・どんな生き方をしてきたのか?

 

身体は外からの感覚を受け取ったりする受容器であり

自分を表現する効果器です。

人間、何かを感じることで生きているのですから。

 

身体が健康であれば、幸せを感じられるのではないでしょうか?

 

あなたが自分の身体をどのように捉えるか

その視点で身体が良くなるかどうか大きく変わってきます。


症状があることは本当に辛いことですが、

そのような大きな視点で自分を感じてみると

何か大切なことが見つかるかもしれません。



                                                                         コラムに戻る

どこに行って治らない腰痛 どこに行って治らない肩こり どこに行って治らない膝の痛み どこに行って治らない背部痛 どこに行って治らない頚部痛 どこに行って治らない首の痛み 肩こり 凝り コリ こり 膝 背部痛 症状 原因不明 慢性腰痛 五十肩 港区 新橋 浜松町 田町 拝志コンディショニングルーム 

2014年

8月

29日

転んだ時の衝撃と外傷の見解

転んだ時には、最大で200キロ以上の

衝撃を頭に受けます。

 

体重の3〜3.5倍ほどに

なるでしょうか。


そのため、骨がもろくなっている人は

転んだ時に腰椎を圧迫骨折をしたり

股関節の骨を折ってしまったりします。

 

200キロ以上の衝撃があるわけですから、先に手をついたりしただけでも、手首、肘、肩などに同じように衝撃が掛かることになります。

 

転んだ時、骨折(骨)や捻挫(靭帯)についての見解があるのですが、

筋損傷(瞬間的な収縮によるダメージ)についてはなぜかあまり語らないような気がします。。


それが、転んだ後の後遺症になっていると私は思っています。

 

詳しくは、次のブログ

 

                                                                         コラムに戻る

どこに行って治らない腰痛 どこに行って治らない肩こり どこに行って治らない膝の痛み どこに行って治らない背部痛 どこに行って治らない頚部痛 どこに行って治らない首の痛み 肩こり 凝り コリ こり 膝 背部痛 症状 原因不明 慢性腰痛 五十肩 港区 新橋 浜松町 田町 拝志コンディショニングルーム 

どこに行って治らない腰痛 どこに行って治らない肩こり どこに行って治らない膝の痛み どこに行って治らない背部痛 どこに行って治らない頚部痛 どこに行って治らない首の痛み 肩こり 凝り コリ こり 膝 背部痛 症状 原因不明 慢性腰痛 五十肩 港区 新橋 浜松町 田町 拝志コンディショニングルーム 

2014年

8月

28日

筋肉の構造

「みんなの新ストレッチ」より
「みんなの新ストレッチ」より

ここで筋肉を詳しく説明しましょう。

 

筋線維は右図のように

なっております。

 

1つの筋肉の表面には・・・「筋上膜」

複数の筋繊維を束ねる・・・「筋周膜」

1つの筋繊維の表面の・・・「筋内膜」

 

このように「膜」で覆われています。

この膜は「筋膜」といい

「コラーゲン線維」でできています。

筋膜はⅠ型コラーゲンやエラスチンといったタンパク質の繊維。

筋膜は安定したタンパク質で、硬化するとその状態を

維持してしまいます。

 

どこに行って治らない腰痛 どこに行って治らない肩こり どこに行って治らない膝の痛み どこに行って治らない背部痛 どこに行って治らない頚部痛 どこに行って治らない首の痛み 肩こり 凝り コリ こり 膝 背部痛 症状 原因不明 慢性腰痛 五十肩 港区 新橋 浜松町 田町 拝志コンディショニングルーム 

2014年

8月

27日

筋膜はどこに存在するのか。

体の筋膜の位置

体の筋膜の位置になります。筋膜の画像イメージ

 

皮膚のすぐ下に・・・「浅筋膜」

浅層・深層にある筋肉表面にも「筋膜」があります。

 

皮膚のすぐ下にある筋膜は白く見える強靭な膜組織です。

他に

筋間中膜(きんかんちゅうまく)という膜組織が骨に達し

コンパートメント(区画)していたり、

筋支帯(きんしたい)という腱を抑えている強靭な

膜組織があります。

 

筋線維1つ1つも膜で覆われていますが、

皮膚の下にも浅筋膜があり、筋肉同士を区画しているのも膜組織です。

このように、ほとんどが膜組織なのです。

 

 

このように筋肉は、ほとんどが膜で覆われています。

どこに行って治らない腰痛 どこに行って治らない肩こり どこに行って治らない膝の痛み どこに行って治らない背部痛 どこに行って治らない頚部痛 どこに行って治らない首の痛み 肩こり 凝り コリ こり 膝 背部痛 症状 原因不明 慢性腰痛 五十肩 港区 新橋 浜松町 田町 拝志コンディショニングルーム 

2014年

8月

26日

筋肉と神経の関係(コラーゲンの代謝)

神経と筋の関係(神経伝達物質)
神経と筋の関係(神経伝達物質)

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

筋肉は神経の末端から出す、神経伝達物質によって収縮します。

これが、コラーゲンの代謝も担っているのです。

 

 

しかし、硬くなったまま筋膜が放置されると

 

硬くて酸素が少ない筋から、神経は手を引いてしまう。

 

 

その結果、

神経が少ない筋のコラーゲンの再生が遅くなり、少なくなったり

することで、硬化が進み、線維化していきます。

 

その他にも、繰り返し同じ場所に負担がかかっている場合も

同じように線維化します。

組織の炎症ー回復の繰り返しによるものです。

 

どこに行って治らない腰痛 どこに行って治らない肩こり どこに行って治らない膝の痛み どこに行って治らない背部痛 どこに行って治らない頚部痛 どこに行って治らない首の痛み 肩こり 凝り コリ こり 膝 背部痛 症状 原因不明 慢性腰痛 五十肩 港区 新橋 浜松町 田町 拝志コンディショニングルーム 

2018年

6月

07日

筋膜系の新書!

 

最近は筋膜の書籍が沢山出されるようになり、本当に嬉しい限りである。

 

何か調べようにも 昔はほとんどなかった。

 

細かい筋膜の解剖学の本まで出版されており驚きである。

 

 

ただ、解剖がわかったところで、どうアプローチをしたら緩んでくれるのかは別の問題だけれども。

 

2018年

4月

26日

便利になって奪われたこと

ベストセラーである

「置かれた場所で咲きなさい」の著者の渡辺和子先生

(ノートルダム清心学園理事長)はこう言われます。

 

『文明の利器は、たしかに「便利」「安楽」「スピード」をもたらしましたが、その反面「待つこと」「耐えること」「静かに考えること」といった習性を奪ってしまったかのように思えます。』

 

本当に「待つこと」「耐えること」「自分で考えること」をしなくなったと思う。

自分自身にも当てはまる。そういうことを忘れずに上手に生きていけたらいいのかもしれない。

 

医師であり冒険家である関野吉晴氏を思い出した。

この方も大切なことを教えてくれる一人だ。

http://jomon-pakur.info/production.html

最近はカレーライスを一からつくり9ヶ月かかったらしい。

 

 

0 コメント

2015年

6月

04日

筋膜を柔らかくするには?

強くて柔らかい筋肉をつくるには、筋細胞の周りにある細胞外マトリックスの組成を変えなけ

ればならない。それには運動による刺激を与えて組織を壊し、つくり替える「クラッシュアンドビルド」が必要になるという。

実践女子大学大学院の山田茂教授より

 

はやり硬くなるのは、運動で伸び縮みさせてないからですね!

コラムへ戻る


2015年

3月

02日

ヘルニアの診断











ストレスと腰痛の関係を示す研究例。

スイスのグレープが腰痛で手術が必要な46人と無症状な46人が画像診断。痛みがない人にも椎間板ヘルニアや変形があり、仕事などに不満が多い人に痛みが強かった。


無症状の人にヘルニアがある状況(76%)に対して、未だにレントゲンや MRIなどの画像診断でヘルニアを診断している状況が続いて気がします。



2014年

12月

25日

転んだ後の後遺症

前回、転んだ時の衝撃と外傷の見解についてちょっとだけ書きました。

 

筋の外傷については、多くが「打撲」に含まれてしまうと感じます。

 

ですから、ぶつかった場所の患部になります。

 

しかし、転んだときにその衝撃(200㎏)を反射的に受け止めるわけですから筋が急に200㎏のバーベルを持ち上げたような筋へのダメージが残るはずではないしでしょうか?

 

たとえ「どこも折れてない」と言われたとしても

骨以外の関節(靭帯)・筋肉などにもダメージがあるわけです。

 

関節は「可動域」という動く範囲がありますから

その範囲を超えてしまった場合は、組織に損傷が発生するでしょう。

 

しかし、すっかり忘れられた存在が「筋肉」です。

打ち身以外にも、瞬間的に200キロの衝撃に耐えているわけですから

微細な外傷(肉離れなど)が起こると想像出来ます。


普段、身体動かす機会が少ない人は

よりその衝撃のダメージが大きく出るはずです。

それだけの衝撃に耐えるだけの、筋力をもともと持っていませんから。


より、筋損傷がひどくなりえます。

 

転んだ後に、後遺症として長らく引かない痛みは

ほとんどが「筋肉」が原因です。

急激な力がかかった後のダメージです。


そのような場所は、忘れた頃に

「筋硬結(きんこうけつ)」という筋が硬く結んだような状態に

変化します。

当然、硬いので組織に酸素が行きにくい場所になってしまいます。

 

1ヶ月もすれば骨折は治ります。

1ヶ月以上経過しても痛みがある場合は「骨」以外の部分に目を向けて

治療をしなければいけません。